江戸時代に観る富士山 /^o^\

    7YfXFtVFOQUaJ5U1372082643.jpg align=

三菱一号館美術館で、「浮世絵 Floating World 珠玉の斎藤コレクション」が開催されています。我が師匠、斎藤文夫先生のコレクションが、いよいよ東京に進出です。

昨年の夏には、フランスのロートレック美術館で行われた浮世絵展に、斎藤先生の一団と同行してきました。フランスでの浮世絵展は、大成功に終わりました。あれから1年・・・

三菱一号館美術館とフランスのロートレック美術館は、姉妹館です。この浮世絵展では、ロートレックのポスターも観ることができます。

さて、浮世絵です。展示の中に、世界遺産にもなった富士山の浮世絵が、何枚かありました。江ノ島から望む江戸時代の富士山は実に美しい、の一言です。江戸時代に誰が、世界遺産になることを予測していたことでしょうか。

98日まで開催しています。