3号線

横浜市から情報提供がありました。「次世代の総合的な交通体系検討会」の開催状況についてです。これまで横浜市では、高速鉄道3号線の延伸などに対して検討を重ねてきました。現在の3号線はあざみ野駅止まりです。運輸政策審議会の答申には、平成27年までを目標に、新百合ヶ丘までの延伸を位置づけています。

川崎市民にとっては期待の事業といえます。川崎市北部などの広い範囲から新横浜駅へのアクセス機能が強化されます。中間まとめによる主な効果は、あざみ野―新百合ヶ丘間の時間短縮効果は、約30分から約10分(乗換なし)になります。

次回の検討会の開催は、12月頃を予定しています。今後、社会状況を見据えた事業性や方向性の検討を進め、平成25年度内にとりまとめるとしています。審議に注目です。