天地返し

放射能の対策は川崎市内の市立学校でも行われている。自民党の代表質問で対策を問うと、市立学校の8校で天地返しを行っていた。

東日本大震災から2年目を迎えることになる。放射能に関する情報は、日に日に減少しているようにみられる。

平成25年度予算案には、放射能対策関連予算として1743651000円が計上されている。

子どもたちへの被害が心配されており、継続したモニタリングが求められている。

 

局所的に放射線量の高い箇所への対応

http://www.city.kawasaki.jp/300/cmsfiles/contents/0000033/33188/josenitiran2412.pdf