カブトムシ

IMG_0885.JPG

カブトムシと言えば毎年、トイザラスで数頭買ってくるのが普通でした。しかし、今年は違いました。

 

息子は早朝4時に、「友達と都筑区内の公園に、カブトムシを捕まえに行く」と言って出かけていきました。

 

自宅に帰ってくるやいなや「一頭も捕まらなかった」と言ってくるのかと思いきや。なんと、その捕獲数、9頭!小さい虫籠には、所狭しとカブトムシがうごめいているではありませんか。

 

息子曰く、「木にくっついていたり、土の上を歩いていたり、沢山いた」というのです。

 

私の想像をはるかに超えるこの現実。カブトムシは山の自然の豊かな場所でのみ、捕まえることができる希少な昆虫だと思っていました。現実は、都会の公園にも沢山いたのです。皆さんの近くの公園にも、きっといるはずです。