川崎市議会「定数削減」へ

先日の朝日新聞朝刊の見出しに『川崎市議会「3減」有力』との見出しがありました。定数を決めることができるのは、その議会です。所属する自民党川崎市議団では、選挙管理委員会の担当者を招いて、定数に関する勉強会を行ってきました。団会議も数回重ねて、この問題を議論してきました。議員定数を減らしていく方向性については、各議員の共通の認識のようであります。議論が分かれたのは、削減数でした。川崎市議会議員の定数はどうあるべきなのか、これまでの経緯と方向性について述べてみます。

 

 前回の選挙での民主党川崎市議団のマニフェストには、「次には議員の定数を各区1議席削減して7減します。定数は56人とします。」と公約していました。その実現は、国の民主党マニフェストと同様に、オーバーな表現に留まりそうです。川崎市議会では団長会議において、各会派の調整を行ってきましたがまとまらず、正副議長の斡旋案として3減の60議席案が示され調整していると聞きます。次の議会において、議員条例として議案を提出する運びとなります。削減の対象となるのは多摩区、宮前区、川崎区がそれぞれ1減となります。

 

大学院でご指導頂いた山下茂(明治大学教授)先生は、ご自身の著書の中でこういっています。「日本の自治体議員数は人口比では必ずしも多くない。むしろ少ないのである。欧米の自治体規模は小さいため、人口あたりにならすと日本の議員数の方が少なくなるからだ」と解説している。国際外交比較研究に詳しい師の言葉は、国内の事例だけをみて判断すると、時として間違える危険性を含んでいるということを教えています。

 

 宮前区から選出の私にとって定数が削減されることは、当然厳しく受け止めます。しかし、与えられた環境で努力を重ねて目標を目指すのが使命であります。全国の議会の流れをみてみると今後、地方議員は減ることはあっても増えることはまず考えられないでしょう。議員となる者は、研鑽を積んでより多くの課題に応えられるよう、資質の向上にも努めなくてはならないと考えます。市民の皆さんに「議員が多い」といわれる前に、「議員が少ないのは困る」といって頂けるような、個の努力が必要なのでしょう。自分のことでもあるので、私も一歩一歩、頑張ってまいります。