母子の命を守る

DSC04653.jpg健康福祉委員会において、「周産期医療ネットワークの推進施策について」報告がありました。東京都では過去に、妊婦さんの救急要請を病院側の受け入れ拒否によって、搬送に遅延をきたし尊い命が奪われる事故が起こってしまいました。あのような悲劇を2度と繰り返してはならないという強い意思のもと、分娩を扱う医療機関の体制整備が進んでいます。

 川崎市では、総合周産期母子医療センターが今年の4月に、聖マリアンナ医科大学病院内に開設し既に半年が経ちました。これまでの実績は、MFICU(母体・胎児集中治療管理室)の稼働率が88.3%(平成229月時点)、NICU(新生児集中治療管理室)が98.3%と、ほぼ満床の状態が続いています。

 稼働率が高い要因の1つとして、高齢出産が増えていることが考えられます。母の平均出生年齢は平成14年の29.8歳に対して、平成19年になると30.9歳と年々高くなっています。こんなデーターもあります。母の年齢別にみた出生時の体重2500g未満の出生割合は、2023歳が8.9%に対して、4044歳になると13.1%と、高齢出産になればなるほど、リスクが増えることを証明しています。

今後、日本医科大学武蔵小杉病院で、NICU+3GCU+6を増床することが予定されています。平成24年には、新百合ケ丘総合病院が新設され、分娩を扱う医療機関が12箇所に増えます。高齢出産が増えるなか、妊婦さんの年齢にかかわらず、身近な地域で安心して安全に出産が可能な、医療体制や周産期医療ネットワークの充実が重要となります。