自民党派閥解消へ?

 自民党が派閥を解消しようと検討している。私は大賛成である。自民党には現在7つの派閥がある。私は一度、派閥を解消して組織のあり方自体を変えることから始めないと、党の再生はないと考えている。今のままでは残念ながら、古き悪しき政治のしきたりになぞられた、今までの自民党とはなんら変わりない政党としてみえてしまう。世論調査をみても、二大政党の一翼を担う組織としては、期待が持てないという声の方が多いと理解する。

これまでの派閥の役割は、候補者の発掘や議員の養成まで担ってきた。谷垣総裁は先日、記者団に対して「党が落選者のケアや新人教育を果たせる体制をつくれるか検討していかなくてはならない」と語ったという。私は、そんな必要もないと思う。国会議員に当選をしようとする者ならば、立候補する時点で国会議員に相応しい良識とともに、最低限の公共政策の知識を兼ね備えた者でなければならないと考えるからである。

これからは、自身の派閥の拡大を狙った集団を目指すより、政策を中心(国民のための政策)とした新たなグループをつくって、政策集団として政策で勝負していくことを願いたい。今の国会にみられる審議拒否をしているようでは、今までやってきた野党とまったく同じではないかといいたくなる。政策の対案を堂々と示し、国民の皆さんに比較して頂くことこそ重要ではないか。

 政党不信が進んでいる。民主党の政策に期待した者も、政治と金の問題や、マニフェストと政策のぶれをみて、期待はずれと感じている者も少なくない。朝日新聞の記事には、「みんなの党大化けの予感?」とあった。みんなの党は今後、二大政党のどちらかに期待をして、うらぎられた無党派層の受け皿になり、台風の目になる可能性を示唆している。私は、自民党の派閥組織には期待をしていない。自民党のバランスのとれた新たな政策に期待をしている。