なつかしい昭和の道具たち

  img103.jpg川崎市民ミュージアムにおいて「昔のくらし今のくらし展」が行われています。私は視察してきました。昭和の時代に使っていた家電製品や、なつかしいファミコンゲームなどが展示されています。つい、自分が子どもだった時代にタイムスリップしたような気分になります。

 東京オリンピックの時代のお茶の間の復元はみごたえありです。その時、私はまだ生まれていませんが、なんだか日本の良き時代を感じます。映画にあった「ALWAYS三丁目の夕日」といったところでしょう。

 

DSC04615.JPG右の写真は、川崎市立小学校で出されていた学校給食です。「あー、これこれ、懐かしー」と思われた方も多いのではないでしょうか。私も小学校でこれに近いものを食べて大きくなりました。ミュージアムのレストランでは、昭和38年当時の学校給食が、平日15食、土日祝日30食限定で500円から700円の値段で食べられるとのこと。入場は無料です。